メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

形成外科

 形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、外科的手法を用いて形成・再建術を行う専門領域です。

 取り扱っている疾患は多岐にわたります。顔面のホクロや、まぶたの垂れ下がり、キズあと、ワキガなどから、乳がんや顔面の悪性腫瘍術後の再建など、他診療科と密接に連携し高度な治療まで提供しております。

以下、当院における特色です。

 県内でも数少ない乳癌術後の乳房再建を行える施設となっています。基本的に乳房切除後の二次再建となりますが、人工物再建(エキスパンダー・インプラント)や自家組織再建(広背筋皮弁/腹部皮弁)で再建をおこなっています。

 またQスイッチ ルビーレーザーを導入しており、異所性蒙古斑や太田母斑、扁平母斑などのアザの保険治療から、シミ取りなどの自費診療まで対応可能です。

 より高度な専門性を要求される治療については、東京医科歯科大学医学部附属病院 形成・美容外科と連携し治療を行っています。

 その他形成外科一般の疾患も取り扱っております。該当される患者様は是非一度診察にいらしてください。

ページトップへ