メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

超音波(エコー)検査

 概要

 体の表面から超音波を当て体内からの反射を利用し映像化します。臓器の形態などを任意の方向からリアルタイムで観察できます。

検査の内容と注意点

1.検査前に

 腹部超音波検査前は食事を摂らないで下さい(胃の内容物や腸管ガスの影響により目的の臓器が見えにくくなります。水やお茶は摂って頂いて結構です)。

また、排尿直後では膀胱・前立腺・子宮などの観察がしづらくなりますのである程度尿を溜めて頂きます。

2.主な検査部位

 主な検査部位は腹部、甲状腺、乳腺、血管などです。

【腹部】

肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、膀胱などを見ます。呼吸(腹式)の合図で息止めをして頂きます。お腹を出しやすい服装でいらして下さい。検査時間は約20分です。

【甲状腺】

甲状腺や頚部リンパ節などを見ます。首周りの開きやすい服装でいらしてください。検査時間は約20分です。

【乳腺】

乳腺や腋窩リンパ節などを見ます。上半身は裸の状態で検査を行います(女性技師が対応します)。検査時間は約20分です。

 

【血管(動脈・静脈)】

血管の状態や血液の流れなどを見ます。検査時間は約30分です。下肢動静脈検査では脚の付け根から足首にかけて観察しますのでズボンを脱いでの検査となります。

3.  検査予約時刻

 検査内容によって予約時刻が異なりますので予め担当医に確認してください。また、検査予約票にも記してありますのでそちらも参考にして下さい。

4. 検査担当技師について

 当院には超音波認定技師が在籍しています。気になる症状などがありましたら

遠慮なくご相談下さい。より良い検査につながります。

検査件数(2018年度)

  • ・腹部           8022 件
  • ・乳腺           1541 件
  • ・甲状腺・体表       2516 件
  • ・血管           1499 件
  • ・超音波ガイド下穿刺      651 件
  • ・ドック(腹部)      5758 件
  •     (乳腺)      2046 件
        (頸動脈)       191 件

 

使用機器

・日立アロカ社製 ARIETTA7
・日立アロカ社製 α7 2台
・キャノン(東芝)社製  アプリオ300 (2台)
・キャノン(東芝)社製  アプリオ500
・シーメンス社製    ACUSON S2000

ページトップへ