メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

救急看護認定看護師について

救急看護認定看護師

救急看護は、外傷、熱傷、中毒、意識障害、呼吸・循環不全などの多種多様な疾病・外傷を有した患者とその家族を対象としています。救急患者は、時と場所を選ばずに発症します。
そのため、病態の緊急度・重症度を迅速に判断し、急激な病態変化に即応した個別性のある的確、かつ心身の障害を最小限にとどめる事ができるようなケアを実 践しています。
現在は、実践や院内教育の場において教育的かかわりを持ち、看護の質向上を目指しています。自身の活動を通し、患者とその家族に質の高い、安心安全な看護を提供できるよう努力してまいります。

井川 洋子


 

 

 突然の入院や手術は治療に伴う不安や苦痛に加え、環境変化に伴うストレスや不眠などからも、「こころ」と「からだ」のバランスが揺らいで、精神的にも不安定な状況に置かれやすくなります。そこで、身体的な状態とともに、精神的な状態を評価しながら、患者と家族、または、患者と医療者にとって、より良い治療環境を目指し、包括的で全人的な医療を提供するため、関係者の間をつなぎ調整を行います。

 また、看護師に対しても教育的・心理的にサポートすることを通じて、包括的に患者へのケアの質を高めることを目標にしています。

村上恵(救急看護認定看護師・精神保健看護学修士課程修了)

ページトップへ