新人看護職員研修の理念

安全管理研修採血技術演習

看護は人間の生命に深く関わる職業であり、患者の生命、人格及び人権を尊重することを基本とし、生涯にわたって研鑚されるべきものである。新人看護職員研修は、看護実践の基礎を形成するものとして、重要な意義を有する。
新人看護職員を支えるためには、周囲のスタッフだけでなく、全職員が新人看護職員に関心を持ち、皆で育てるという組織分化の醸成が重要である。この新人看護職員研修ガイドラインでは、新人看護職員を支援し、周りの全職員が共に支え合い、成長できることを目指す。

基本方針

1
新人看護職員研修は、新人看護職員が基礎教育で学んだことを土台に、臨床実践能力を高めるものである。新人看護職員は、新人看護職員研修を修得したことを基盤に、生涯にわたって自己研鑽することを目指す。
2
新人看護職員研修は、看護基礎教育では学習することが困難な、医療チームの中で複数の患者を受け持ち、多重課題を抱えながら、看護を安全に提供するための臨床実践能力を強化することに主眼をおくことが重要である。
2
医療における安全の確保及び質の高い看護の提供は重要な課題である。安全で安心な療養環境を保証するため、医療機関は患者の理解を得ながら組織的に職員の研修に取り組むものであり、新人看護職員研修はその一環として位置づけられる。
2
専門職業人として成長するためには、新人看護職員自らがたゆまぬ努力を重ねるべきであることは言うまでもないが、新人の時期から生涯にわたり、継続的に自己研鑽を積むことができる実効性のある運営体制や研修支援体制が整備されていることが重要である。
2
医療状況の変化や看護に対する患者・家族のニーズに柔軟に対応するためにも、新人看護職員研修は、常に見直され発展していくものである。

研修体制

新人看護職員を支える体制の構築

1
病院管理者、看護管理者は、自施設の理念や基本方針に基づいた新人看護研修が実施できる体制の構築に責任をもつことが必要である。また理念や基本方針を研修にたずさわる職員全員と共有することが望まれる。
2
新人看護職員研修は、所属部署の直接の指導者だけではなく、部署スタッフ全員が新人を見守り、幾重ものサポート体制を組織として構築することが望ましい。そして、新人看護職員が看護の素晴らしさを実感したり、看護に対する誇りがもてるように、指導者がロールモデルとして、新人看護職員に示していくことが望まれる。
2
新人看護職員が臨床現場に順応し、臨床実践能力を獲得するためには、根気強くあたたかい支援が必要である。また、新人看護職員の不安を緩和するために、職場適応のサポートやメンタルサポート等の体制づくりが必要である。そのためには、新人を周りで支えるための様々な役割をもつ人員の体制づくりが必要である。
2
新人看護職員の研修は医療機関全体で取り組むものであり、共通する研修内容等は、医師や薬剤師等の新人職員と合同で研修を行い、また専門的な知識・技術を有する職員を新人看護職員研修に参画させることも必要である。そして、医療機関内の多職種との連携を密にとるとともに、新人看護職員が多職種の業務を理解するための機会を設けることが必要である。

 

研修における組織の体制

図1研修体制における組織図

図1研修体制における組織図

院内留学

新人看護師が臨床現場により円滑に適応でき、配属部署では経験できない基本的看護の知識、技術を習得することを目的に計画している。研修方法は、配属部署以外の病棟で2週間の院内留学を行う。内科系の病棟に配属されている新人は外科系へ、外科系の病棟に配属されている新人は内科系での研修を行う。救命救急センター、手術室は全員が経験する。
 院内留学時は看護部教育委員会ホームページ掲載の各科教育スケジュールパスを印刷し事前チェックし留学場所に持参する。留学終了時に事後評価を行う。院内留学時は4月の新人オリエンテーション時に作成した各科紹介のスライドを聴講し配属場所に行くことを推奨している。

研修風景

院内留学 院内留学 院内留学
感染管理研修防護用具体験 安全管理研修採血技術演習 褥瘡管理研修体圧分散マットレス体験

研修と教育

スマートフォンで サイトを見る