メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

化学療法科

外来化学療法とは?

これまでがん化学療法は入院して行うことが一般的でしたが、近年、新しいがん化学療法薬の開発や副作用症状を抑える技術が進歩したことで、現在では外来でも安全に治療を行うことが可能となりました。患者さんがこれまで通りの生活を続け、仕事や趣味を楽しみながら治療を継続できることが外来化学療法の一番のメリットです。

外来化学療法室の施設概要

土浦協同病院では平成18年に外来化学療法室を開設しました。平成28年3月新病院開院に伴い、名称を『化学療法センター』とあらため、33床(ベッド:3床、電動リクライニングチェアー:30床)へ増床となり、現在は11床で稼働しております。月曜日~金曜日の8時30分~17時までの時間帯に、がん治療を行なうすべての診療科のがん化学療法が行なわれています。患者さんが安心してかつ安全・確実に外来での治療が継続できるよう、医師・看護師・薬剤師などによるチーム医療を提供しています。センター内にはラウンジ、更衣室、男女別トイレを設置しており、安心して治療を受けられるように配慮をしております。また、各治療ブースにはテレビが設置してありますので、イヤホンをご持参いただくことで治療中に視聴していただくことも可能です。

ページトップへ