メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

下血;便に血が混じる、黒い便が出る

下血について

便に血が混じる場合を下血と言いますが、痔疾などでは鮮血便になります。問題なのは真っ黒な便(タール便、黒色便)が排泄される場合です。この場合は小腸や大腸の炎症や癌などで粘膜に大量出血していることが原因になります。直ちに専門医や病院を受診して出血の部位や程度を明らかにして適切な治療をする必要があります。鮮血便の場合には肛門に近い大腸の出血ですが多くの場合は痔核からの出血ですので診断はつきます。

代表的な診療科

ページトップへ