メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

形成外科の取り扱っている主な疾患

  • 眼周囲の病気

 まぶたが重い、見えづらいといった眼瞼下垂症、まつ毛が眼に当たってしまう眼瞼内反症、完全に眼が閉じられない眼瞼外反症、眼の近くに出来た眼窩腫瘍を手術により改善します。

  • 外傷

 前頭骨・眼窩底・鼻骨・頬骨・上顎を主に治療範囲とします。チタン製のプレートや吸収性のプレートを使用し、複雑な場合は3D模型を用いて手術を行います。また、重度の外傷で神経や血管が切断された場合は顕微鏡下で縫合を行います。

  • 悪性腫瘍(ガン)に関連する再建

 主に皮膚癌(基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫など)や乳癌の手術により組織が欠如した場合、皮弁や植皮、自家組織移植という手法を用いて、もとの形態や機能に近づけるように再建します。

  • 顔面の先天異常:口唇口蓋裂、副耳、小耳症
  • 手足の先天異常:多指症、合指症
  • 母斑・血管腫:ホクロやイボなど
  • 瘢痕・肥厚性瘢痕・ケロイド:交通事故や手術後のキズアトの治療
  • 難治性潰瘍:褥瘡(床ずれ)、糖尿病や閉塞性動脈硬化症に関連した潰瘍
  • 腋臭症・多汗症:手術療法とボトックス療法

 

【レーザー治療】

 当院ではQスイッチ ルビーレーザーを導入しており、太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑、交通事故後などの外傷後の色素沈着の治療を保険診療で行うことが可能です。

 シミ取りや刺青(tattoo)の除去は自費診療となります。

【美容診療】 

 美容診療(自費診療)はシミ治療・刺青(tattoo)の除去・AGA治療のみです。

ページトップへ