メニュー

診療科案内 Specialty guidance 診療科案内Specialty guidance

代謝・内分泌内科

 内分泌内科は、糖尿病(予備群合わせて2050万人)・高血圧症・脂質異常症などの有病者数が非常に多い生活習慣病・代謝疾患の専門的な診療ならびに下垂体・甲状腺・副甲状腺・副腎などの比較的稀で専門性の高い内分泌疾患の診断・治療を行っています。あまり自覚症状がなく、症状だけでは診断が難しい病気もたくさんあります。

 最新の医療設備を用いて内分泌疾患の専門的診療を行うとともに、最近急増している生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肥満症、高尿酸血症など)やメタボリックシンドロームに対しての診療ならびに教育指導にも力を入れております。糖尿病については、医師と専門スタッフ(糖尿病療養指導士)からなる糖尿病サポートチームが入院・外来の糖尿病教室、クリニカルパスによる糖尿病教育入院、インスリン療法導入などチーム医療による診療を行っています。糖尿病診療は近年大きな変革を迎えており、新規薬剤による診療や持続血糖測定(CGM)・持続皮下インスリン注入(CSII、インスリンポンプ)療法、最新のセンサー付きインスリンポンプ療法にも積極的に取り組んでいます。 新病院では、外来では妊娠糖尿病(GDM)などの専門外来を行うとともに、入院では腎臓内科と同じ病棟となり、より一層他科と連携した横断的医療を行っていきます。

ページトップへ