メニュー

医療関係者の方 medical staffs 医療関係者の方medical staffs

研修を希望する皆さんへ

【初期臨床研修について】

 土浦協同病院の初期臨床研修は1993年に開始しました。現在の初期研修医は、各学年が管理型(公募)15名、連携型(襷掛け)6名前後です。出身大学は東京医科歯科大学・筑波大学が半数で、あと半数は様々な大学から集まっています。当院は茨城県南東部地域の中核病院で、年間外来患者50.6万人、年間入院患者22.3万人、紹介率88%、逆紹介率67%、年間救急搬送8,000例です。

当院の診療理念は「患者さんにはやさしく、病気には厳しく。」で、患者本位の、科学的な、安全な医療の提供をめざしています。土浦協同病院の診療の4つの柱は、救命救急医療、高度先進医療、がん医療、小児周産期医療です。

 土浦協同病院は現在800床、医師250名、30診療科で、専門研修(後期研修)は基本領域19診療科中17診療科(臨床検査、総合診療を除く。精神科は協力病院にて行う。)の研修ができます。成人のプライマリ・ケアは総合内科として対応します。 指導医は約80名いて、教育熱心です。

 

土浦協同病院の初期研修を勧めるポイントは以下の10項目です。

  1. 24時間救急医療で、多数の症例の発症早期から集中治療を要する病態までをみる。年間8000例の救急搬送を受け、ヘリ搬送もある。
  2. 診療科が充実し、疾患の診断・治療・予後まで一貫して経験し、多くの疾患の自然歴を知る。(これが、医師をスタートする時期において貴重な経験となり財産になる)
  3. 約40名の初期研修医とお互いに刺激し合い、切磋琢磨し、勉強と余暇を楽しむ。
  4. 研修プログラムの自由度が高く、診療科が多く、希望する診療科の研修が十分にできる。
  5. 専門研修領域が揃っており、将来の専門研修を見据えた研修が出来る。
  6. 充実した指導医レクチャーがあり、研修指導医の指導を受けながら、研修医カンファレンスや診療科カンファレンスで自分を磨く。
  7. 意欲が高く、優秀なコメディカルがいて、協力してくれる。
  8. 地域住民の信頼が厚く、信頼してくれる。(若い医師にとっては、これもとても大きな励みと力になる)
  9. 2016年3月に新病院に移転して最新のハードウエアとなり、診療と研修環境がさらに充実した。
  10. 各研修医にフォスタードクター(メンター)がつき、相談ができ、安心して研修が出来る。

 

【専門研修について】

 専門研修は内科、外科、小児科、産婦人科、整形外科、5診療科が基幹研修施設になっています。他に、脳外科、泌尿器科、麻酔科、救急科、形成外科、皮膚科、耳鼻科、眼科、放射線科、病理、リハビリ科、11基本診療科が、東京医科歯科大学、筑波大学、等の連携施設として専門研修を行います。 サブスペシャルティー研修は、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、腎臓内科、代謝内分泌内科、神経内科、血液内科、膠原病内科、消化器外科、心臓外科、血管外科、呼吸器外科、小児外科、小児循環器科、小児神経科、新生児科が研修できます。

【最後に】

 土浦協同病院はとても忙しい病院ですが実のある研修ができます。土浦協同病院の臨床研修でたくさん見て、たくさん経験してください。皆様の医師としてのスタートはきっと素晴らしいものになります。我々はきめ細かな指導とアドバイスをして、研修医の皆様の成長を見守ります。

 2019年4月1日
臨床研修委員長 渡部誠一

ページトップへ