メニュー

医療関係者の方 medical staffs 医療関係者の方medical staffs

初期研修修了者の声

呼吸器内科:K・T先生(H29年3月修了)

実際に当院で初期研修を行ってどうでしたか?

救急外来では1次救急から3次救急まで多くの症例を経験することができました。
当院にはほぼ全ての診療科が存在するため、初期対応した症例がその後どのように治療されmanagementされていくのか、全てのプロセスに渡って経験することが出来、非常に有意義な時間を過ごせました。

後期研修先として当院を選んだ理由は?

私は呼吸器内科に所属させて頂いていますが、症例数が多くまた疾患は多岐にわたるため、市中病院であっても(大学病院に遜色なく)十分に経験を積めると考えました。また、救急当番は義務であり、そこでは全ての内科疾患に対応しなければならないため、内科一般の一定以上の実力を保つ努力を継続しなければ職務をこなすことはできず、その結果当院に所属するだけで内科一般の実力を維持・発展させることが出来ると考えたからです。

当院の魅力や、今後の目標等教えて下さい。

ほぼ全ての専門科が存在しているため、いかなる緊急時であっても相談する相手がいることです。
総合医局では、各専門科ごとの敷居が低く、気軽にコンサルトが出来大変助かっています。
自分の専門だけでなく、他科とも多く連携し、幅広い疾患に対応できるようになりたいと考えています。

後輩へのメッセージをお願いします。

当院は医師だけではなく、看護師や技師など専門スタッフや事務の方に至るまで、全ての職種の人が
茨城の地域医療を守っているという自負や気概を持って働いており、その強い気持ちを肌で感じることができます。
自分もその一員でいられることに誇りを感じています。当院で共に切磋琢磨し合えること、楽しみにしています。

 

ページトップへ