メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

オプトアウトについて

 通常、臨床研究は文書もしくは口頭で説明を行い、患者さんからの同意(インフォームド・コンセント)を得て行われます。

 臨床研究のうち観察研究で、患者さんへの侵襲がなく且つ人体から試料を取得することもなく、診療情報などの情報のみを用いて行う研究については、国が定めた倫理指針では、必ずしも対象となる患者さんから直接同意を得る必要はなく、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を通知又は公開し、さらに可能な限り拒否の機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」といいます。

 研究のために自分のデータが使用されることを望まれない方は、各研究の担当者までお知らせください。

現在当院が行っている研究の、オプトアウトは次の通りです。

 

研究課題名  抗血栓薬を服用している頭部外傷症例の疫学研究
研究期間  2019年6月1日から2020年5月31日
研究対象者  対象期間中に当院で頭部外傷による治療を受けられた高齢者の患者さん
(受傷時65歳以上)

 

研究課題名 NICU退院後の児童虐待の要因分析
研究期間  2019年3月18日から2021年3月
研究対象者  2015年1月から2018年6月の期間に入院されていたお子さまとご家族です。

 

研究課題名  開心術における人工心肺回路充填量の血液希釈や輸血に起因する急性腎不全発症に与える影響評価
研究期間  2019年3月18日から2020年3月31日
研究対象者  人工心肺使用を使用して開心術を行った成人症例
(術前から血液浄化を行っていた症例、死亡症例は除外)

 

ページトップへ