メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

救命救急センターの概要

 当救命救急センターは、1990年3月の開設以来、一貫して一次救急から三次救急まで受け入れており、24時間、365日、自己来院、救急車搬送を問わずすべての救急患者に対応しています。他の医療機関から転送されてくる救急患者も数多く受け入れています。2016年3月1日の新病院移転後もこの運営方針は変わることなく継続しています。さらに新病院では、ヘリポートが設置されたことから、ドクターヘリによる救急患者の直接搬入が加わるようになりました。

  当センターには、救急外来(ER)、救急集中治療室(EICU)、一般集中治療室(GICU)、脳卒中集中治療室(SCU)、冠疾患集中治療室(CCU)が含まれ、それぞれに救急科、麻酔科、集中治療科、脳神経外科、循環器内科の専門医が専従し、質の高い救急医療を日夜提供しています。救急外来では、さらに内科、外科、整形外科、小児科をはじめ院内すべての診療科の専門医が救急担当医として診療を行っています。

 また当センターはドクターカーを保有しており、救急隊からのホットラインでの要請があれば、医師、看護師が救急現場に出動し重症患者の治療を現場で始められるような体制を整えています。
 当センターには救急医療の教育と実践の場の提供というもうひとつの使命があり、臨床研修医・医学生・看護学生・救急救命士・救急隊員の研修を積極的に受け入れています。

ページトップへ