メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

造血幹細胞移植センター

造血幹細胞移植センターの概要

 骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植を一括して造血幹細胞移植と呼びます。造血幹細胞移植には①造血幹細胞に量的あるいは質的な異常がある疾患に対する治療と②悪性腫瘍に対する治療の補助との2つの目的があります。

 当院における造血幹細胞移植は1996年2月の血縁ドナーからの同種骨髄移植から始まりました。1997年1月に自家末梢血幹細胞を施行、2000年11 月には骨髄移植推進財団(現 日本骨髄バンク)の認定を受け非血縁ドナーからの同種骨髄移植が可能となりました。2007年3月には日本さい帯血バンクネットワークの認定施設となりさい帯血移植も選択できることになりました。当院ではこれらの幹細胞ソースを用いた移植医療が可能であり、患者さまの病状に合わせて適切な治療を提供しています。

 

スタッフ紹介

血液内科専門医4名、5A病棟看護師22名

認定資格

資格名称 人数
日本血液学会専門医 3人
日本血液学会指導医 1人
造血細胞移植認定医 1人
日本骨髄バンク調整医師 1人

最近3年間の造血幹細胞移植実績

  2013年 2014年 2015年
血縁骨髄 1例 0 0
非血縁骨髄 1例 3例 1例
血縁末梢血 0 0 2例
さい帯血 0 1例
自家末梢血 8例 1例 4例
ページトップへ