メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

リハビリテーション部の主な業務内容

理学療法業務

理学療法とは、病気・ケガ・高齢・障害などによって身体が不自由となった方々やそのおそれのある方に対し運動療法、物理療法、日常生活動作練習を行い、筋力や柔軟性などの機能や座る、立つ、歩くなどの基本的動作能力の回復・維持・予防を図り社会生活が営めるよう援助していく医療の一つです。実際には各個人の状態を調べ全体像(身体機能・リスク・心理面・社会的側面など)を把握し、適切な治療方法・目標を設定後、治療を進めて行きます。

 

理学療法部門の特徴

整形外科疾患に対しては、術後の疼痛や関節可動域制限に対して、必要に応じて超音波診断装置をもちいた評価や、筋力測定機器を用いた評価などを実施しながら、適切な運動療法を提供しています(写真①②)。

脳血管障害により片麻痺を呈した方には、早期からベッドサイドにてリハビリを開始し、全身状態が安定すれば、リハビリ室で積極的に座る、立つ、歩くためのリハビリテーションを実施しています。

小児疾患などでは、発達の状態に合わせて、適切な運動指導、足の装具や座位保持装置などの作成なども実施しています。

2014年度から心大血管疾患リハビリテーションの施設基準を取得し、入院患者のリハビリテーションを中心にリスク管理のもと、社会生活に復帰するために早期から適切な運動療法を実施しています(写真③)。

対象疾患

対象となる疾患としては、整形外科疾患(骨折や関節の手術後など)、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)、外科手術前後、呼吸器疾患、循環器疾患、小児疾患などに対して入院、外来の理学療法を実施しています。

 

作業療法業務

作業療法とは?

身体や精神に障害のある方、又は、それが予測される方を対象とし、主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復・維持を促す作業活動を用いて、治療・訓練や援助を行うことをいいます。

当院 作業療法の特徴

身体に障害のある方に対し、主に上肢・手指の機能回復練習や日常生活動作を行うにあたって必要となる身体機能の回復練習、日常生活動作練習、または家庭生活や社会生活に適応するための練習を行ないます。日常生活の諸動作、家事、仕事などの中に含まれる多くの動作を、より自立の拡大を図るため、訓練・指導いたします。また、残存機能の最大限の活用の指導および便利な道具(自助具など)の工夫・紹介、家屋や設備の改善相談なども行ないます。整形外科疾患に対しては、専門的な知識・技術のもとに、損傷された肩から手指の機能回復を目指した訓練を行っています。また、機能回復とともに日常生活・仕事で手を使用する練習を行い、場合によっては装具の作成なども行っております。  

対象疾患

当院では、主に、脳血管障害・頭部外傷・パーキンソン病等の脳外科・神経内科疾患、骨折・腱損傷・手の外傷などの整形外科疾患、脳性麻痺などの小児疾患を対象としています。
 

 

言語聴覚療法

言語聴覚療法(ST:Speech Therapy)とは

脳血管障害(脳梗塞や脳出血、頭部外傷など)や発達障害などによって、コミュニケーションに障害を持つ方に専門的なリハビリテーションを提供し、その人らしい生活が送れるように支援をしていきます。また、嚥下障害(飲み込みの問題)がある方に対しても評価・診断を実施し、障害の改善・軽減、食事に関しての指導を行ないます。

言語聴覚療法部門の特徴

  • 脳血管障害によって、大脳にある言語中枢が損傷されることにより失語症が生じます。失語症になると、言葉を聞いて理解すること、話すこと、文字を読んで理解すること、書くことの4つの言語機能が障害されます。
  • また、脳の疾患によって、失語症以外に失行、失認、記憶障害、注意障害、半側空間無視、遂行機能障害などの高次脳機能障害を呈することがあります。言語聴覚療法では、失語症や高次脳機能障害を持つ方に対して様々な検査を実施し、1人ひとりの症状に合わせた治療プログラムによって訓練を実施し、社会復帰、家庭復帰ができるように支援を行なっています。
  • 様々な疾患によって嚥下障害を呈した方に対しても専門的な対応を行ない、食事内容や摂取方法について指導を行なっています。毎週、専門医による嚥下内視鏡検査を実施しています。

対象疾患

脳血管障害(脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、クモ膜下出血)の方が最も多く、神経難病(パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多系統萎縮症、ギランバレー症候群など)、認知症、また、外科手術後や呼吸器疾患、循環器疾患などによって廃用症候群を呈した方に対して言語聴覚療法を実施しています。

設備・施設

ページトップへ