メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

超音波(エコー)検査

超音波検査とは

超音波を体の表面から当てて体内の組織からの反射を映像化し、組織の状態や性質を調査する検査です。

超音波検査の特徴

超音波を使用するので、どなたでも安心して検査をしていただくことができます。

 

超音波検査について

 仰向けの状態で検査を行います。検査をする組織の皮膚面にゼリーを塗り検査を行います。(これは超音波を出す装置(探触子:プローブ)と皮膚面との間に空気が入らないようにするためです)プローブを動かし、色々な方向から組織を観察し画像を記録します。検査時間は内容によっても異なりますが、約20分前後です。

超音波検査の注意点

 腹部超音波の検査前は食事を取らないで下さい。(食後の状態では、食事の残渣や腸管ガスが多くなり、検査がしにくくなってしまいます)泌尿器・産婦人科系(膀胱・前立腺・子宮)の検査では事前に尿を溜めていただく場合がございます。担当医師の説明をよくお聞きになって下さい。

主な検査部位

当院の主な検査部位は、腹部・甲状腺・乳腺・血管(動脈・静脈)などです。また、より詳細で精確な情報が得られる超音波ガイド下穿刺を担当医と協力して行っています。

 

1.腹部

 主に肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、膀胱などを見ます。より精度良く検査をする為に、呼吸(腹式)の合図で息を止めていただきます。当日はお腹を出しやすい服装でいらして下さい。
検査時間は20分前後です。

2.甲状腺

 主に甲状腺や頚部リンパ節などを見ます。首回りにゼリーを塗り超音波を当てて検査します。当日は首回りの開きやすい服装でいらして下さい。ネックレスなどは外していただきます。検査時間は20分前後です。

3.乳腺

 主に乳腺や腋窩リンパ節などを見ます。胸にゼリーを塗り超音波を当てて検査します。上半身は裸の状態で検査を行います。ネックレスなどは外していただきます。検査時間は20分前後です。

 

4.血管(動脈・静脈)

 血管の状態や血液の流れなどを見ます。
頚動脈検査では首回りにゼリーを塗り、超音波を当てて検査します。当日は首回りの開きやすい服装でいらして下さい。
ネックレスなどは外していただきます。検査時間は30分前後です。
下肢静脈(動脈)検査では足の付け根から足首にかけてゼリーを塗り超音波を当てて検査します。下半身は下着1枚の状態で検査を行います。検査時間は30分前後です。

検査予約時刻

検査内容によって検査予約時刻が異なりますので、予め担当医の説明を良くお聞きになって下さい。また、検査予約票にも記してありますので、そちらも参考にして下さい。

撮影技師について

当院では、超音波検査に専門的知識を有する認定技師が在籍しています。気になる症状などありましたら、担当技師に遠慮なくお伝え下さい。より良い検査に役立ちます。

検査件数(2014年度)

1.腹部            9,357件
2.乳腺            1,926件
3.甲状腺・体表        2,269件
4.血管            1,744件
5.超音波ガイド下穿刺        687件
6.健康管理センター        3,737件(腹部)、1,451件(乳腺)

使用機器

1.東芝社製        アプリオ500 1台
2.日立アロカ社製    ARIETTA70 1台
3.日立アロカ社製    α10 1台
4.日立アロカ社製    α7 2台
5.東芝社製        アプリオ300 2台(予防医療センター)

新装置 2016年3月稼働

 新病院開院に伴い、アロカ社製α7が1台造設されます。

 最新機種の導入により、検査の精度が向上し、患者様へ質の高い医療を提供することが可能となります。また、4台体制から5台体制になることにより、検査における待ち時間の短縮が期待されます。

ページトップへ