メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

消化器系造影検査(X線TV装置)

消化器系造影検査とは

 食道から大腸、肝臓や胆嚢などの食物の消化や吸収を行う器官を対象に、造影剤を用いて検査や治療を行います。

検査の注意点

1.下記に該当する患者様は事前にお知らせ下さい。

  • ・妊娠中、または妊娠の可能性がある方
  • ・心臓病(不整脈、心筋梗塞、狭心症など)の方
  • ・緑内障、前立腺肥大のある方
  • ・飲食時にむせやすい方

2.お薬を服用中の患者様へ

  • ・心臓や血圧の薬を服用している方は、朝6時までに少量の水で服用して下さい。
  • ・糖尿病の治療薬を服用、またはインスリンの投与を行っている方は、検査後の食事まで薬の服用を中止して下さい。

3.胃・大腸透視検査を受ける患者様へ

  • ・検査前日や当日の食事に制限がありますので、担当医師の説明をよくお聞きになって下さい。また、検査予約票にも記してありますので、そちらも参考にして下さい。

主な検査

1.上部消化管造影検査

  • ・食道、胃、十二指腸、小腸の検査です。 まず発泡剤を飲んでいただき、胃を膨らませて胃粘膜を観察しやすくします。次にバリウムを飲んでいただき、体位を変換して胃粘膜にバリウムをしっかり付着させて観察と撮影をします。
  • ・発泡剤を飲むとゲップが出やすくなりますが、極力抑えて下さい。
  • ・検査時間は10分~15分程度です。
  • ・検査後は、造影剤の体外排出を促すため水分を多く取って下さい。

2.下部消化管造影検査

  • ・大腸の検査です。肛門に挿入した管からバリウムを注入し、体位の変換をして大腸粘膜にバリウムをしっかり付着させます。次に、管から空気を送り大腸を広げて大腸粘膜を観察しやすくして観察と撮影をします。
  • ・空気を送り込むことにより、お腹が張ったような症状が出てきます。
  • ・検査時間は20分程度です。

3.その他の検査・治療

  • ・内視鏡を併用するERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)があります。胆管内の結石や狭窄の診断・治療をおこないます。
  • ・超音波を併用するPTGBD(経皮経肝胆嚢ドレナージ術)やPTCD(経皮経肝胆管ドレナージ術)があります。超音波を用いて管を挿入して、そこから胆嚢や胆管の治療を行います。

検査・治療件数(2014年度)

  • 1.食道・胃 377件
  • 2.大腸・小腸 1,384件
  • 3.ERCP 595件
  • 4.穿刺系 177件
  • 5.その他 893件

使用機器

  • 1.島津社製   Sonialvision safire Ⅱ 1台
  • 2.東芝社製   Ultimax-i 2台
ページトップへ