メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

血管造影 頭頚部

動脈瘤へのコイル塞栓術や閉塞性血管障害に対するステント留置などが主なカテーテル治療です

 リアルタイム3Dイメージングが可能となり、複雑な血管走行の詳細な確認、3Dロードマップによる正確なデバイス操作、出血確認の有無、最新のステント描出等を実施できるようになり、より安全で確実なカテーテル治療を実施しています。

高性能装置を用いて、以前の約半分の被曝線量に抑えて治療を行っています。

ページトップへ