メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

新生児集中ケア認定看護師について

新生児集中ケア認定看護師

出生直後の新生児は胎内から胎外環境へ劇的な変化を遂げ、在胎週数が浅く体重が小さいほど新しい環境に適応することが、より困難な状況にある時期です。新生児集中ケア認定看護師の役割は、急性期にあるハイリスク新生児の状態変化を予測し、予防的観点から働きかけ、発達促進的、個別的ケアを実践することを担っています。

総合周産期母子医療センターNICU(新生児集中治療室)で主に活動しています。新生児にとってNICUは「治療の場」であるとともに「生活の場」であることを念頭に、新生児のニーズに寄り添った心地よい環境をめざしています。また、「家族のはじまりの場」でもあり、心理的に危機的状態に直面している家族が安心して子どもとの関係性を築けるように支援しています。

鈴木 悦子


 新生児集中ケア認定看護師は、新生児の病態の急激な変化を予測し、個別的なアセスメントとケアを実践するとともに、発育促進のためのケアを行っています。また、新生児だけでなく、心理的に危機状態に直面している家族も対象であり、赤ちゃんと家族を中心とした関わりを行っています。

 現在は実践を通して、役割モデルとなるよう、ケア方法や技術を新生児や家族へ安心安全に提供できるように努め、看護の質の向上を目指しています。入院している赤ちゃんが一日でも早く退院できるようスタッフとともに支援していきたいと考えています。

居城 絢子


 新生児が母体外という新しい環境に適応できるように、出生後の救命・生理学的安定を図るケア・神経行動学的発達を促すケアを行っています。赤ちゃんは言葉では自分の想いを表現することができませんが、様々な形で私たちにサインを送ってくれています。そのサインを正確に読み取り、反応を確かめながら適切な対応やケアを実践することを心がけています。また、赤ちゃんの入院はご家族にとっても精神的な負担となります。ご家族の気持ちに寄り添いながら、親子の関わりを大切に考えた支援を行いたいと考えています。

上野ゆき

ページトップへ