メニュー

病院案内 Hospital information 病院案内Hospital information

循環器業務

心臓血管手術業務

手術室では医師、看護師、臨床工学技士が携わり、小児先天性疾患、虚血性疾患、弁膜疾患、胸部大動脈疾患、腹部大動脈疾患などの手術を1週間に2~3例行っています。

  • 人工心肺回路の組立、操作と記録
  • 心筋保護液、血液濃縮装置回路の組立、操作と記録
  • 心電図、末梢温度計、血圧トランスデューサの準備
  • その他のME機器の操作
人工心肺操作風景 人工心肺操作風景
-人工心肺操作風景-
  • 大動脈バルーンパンピング「IABP」装置の操作・保守点検
  • 経皮的心肺補助法「PCPS」装置の操作・保守点検
大動脈バルーンパンピング「IABP」 経皮的心肺補助法「PCPS」
-大動脈バルーンパンピング「IABP」- -経皮的心肺補助法「PCPS」-

※重症心不全や心原性ショックなどで循環不全に陥った場合、補助循環の目的で使用

心臓カテーテル検査および冠動脈形成術時の業務

X線透視下で、手首または足の付け根の動脈からカテーテルを挿入、造影剤を使用し撮影しながら、冠動脈の狭窄した部分をballoonで拡張、Stentを留置し血流を改善させる治療「冠動脈インターベンション」を行います。同様に下肢の血管への治療も行います。 臨床工学技士は、患者様の状態をモニタリングし、治療に必要な画像診断装置を操作しチームの一員としてサポートをしています。

  • ポリグラフ「Cardio Master」の操作・記録
    ※心電図、血圧、心拍数など一般的な生体情報をモニタリング
    ※心臓内圧測定
    ※Swan-Ganzカテーテルを使用し心拍出量測定
  • 自動造影剤注入装置「ACIST」の操作
    ※造影剤補充、使用量注入速度の設定
  • 血管内超音波診断装置「IVUS」の操作・記録
    ※超音波を利用し、血管を内側から観察
    ※狭窄の度合い、血管内腔、血管径、病変の長さなど測定
  • 光干渉断層装置「OCT」の操作・記録
    ※光ファイバーから近赤外線(波長1300nm)を照射し、光干渉計を用いて冠動脈内の断層像を高解像度で観察
    ※狭窄の度合い、血管内腔、血管径、病変の長さなど測定
    ※3D解析
心臓カテーテル検査および冠動脈形成術時の業務風景 心臓カテーテル検査および冠動脈形成術時の業務風景
-心臓カテーテル検査および冠動脈形成術時の業務風景-
光干渉断層装置「OCT」 血管内超音波診断装置「IVUS」
-光干渉断層装置「OCT」- -血管内超音波診断装置「IVUS」-
  • 冠血流予備量比測定装置「RadiAnalyzer」の操作・記録
    ※PressureWireを使用し、部分血流予備量比「FFR」、冠血流予備能「CFR 」、微小血管抵抗指数「IMR」を測定
    ※重度の狭窄病変か判断する生理学的指標
冠血流予備量比測定装置の操作風景
-冠血流予備量比測定装置の操作風景-
  • 高速回転冠動脈アテレクトミー「Rotablator」の準備
    ※固い動脈硬化の病変は、石灰化が強くなり、balloonで拡張することができないため、先端にダイヤモンド粒子が埋め込まれたドリルで、血管壁をくり抜くように削る治療
高速回転冠動脈アテレクトミー
-高速回転冠動脈アテレクトミー-
  • 体外式ペースメーカーの設定
    ※体外からの電気刺激で心臓を拍動させるため、医師の指示のもと刺激様式(MODE)心拍数(RATE)・感度(SENSE)・刺激の強さ(OUTPUT)など適切に設定
体外式ペースメーカー 体外式ペースメーカー
-体外式ペースメーカー-

アブレーション業務

アブレーションとはカテーテルから発せられた高周波エネルギーにて心筋組織を蛋白変性させ不整脈の発生個所を治療する方法です。現在は適応疾患も広がり、上室性頻拍、心室性頻拍、心房粗動、発作性心房細動、慢性心房細動を治療します。当院では年間約600件行われており、治療には心臓電気生理検査装置、高周波発生装置、心臓電気刺激装置、3Dマッピングシステムなど様々な機器を用います。臨床工学技士はこれら機器の操作を行い、治療に携わっています。

3Dマッピングシステム アブレーションの風景
-3Dマッピングシステム- -アブレーションの風景-

ペースメーカー植込み手術業務

 ペースメーカーは約3cm×3cmほどの大きさであり、IC回路部分とバッテリー部分とが一体となった機器です。ペースメーカーは心臓に留置したリード線とつながり、出力された電流が心臓を動かす仕組みになっています。リード線は鎖骨下静脈から心内へ留置され、ペースメーカー本体は皮下と大胸筋筋膜上に開けたポケットに入ります。ペースメーカーは除脈性不整脈、植込み型除細動器(ICD)は致死性不整脈の治療に用います。中等度または重症の心不全に苦しむ患者さんの新たな治療として開発された心臓再同期療法(CRT)が可能な両心室ペースメーカーの植込み術も行っています。臨床工学技士は医師、スタッフとともに植込みリード線の状態や設定を行っています。

   

ペースメーカー/ICD 外来業務

 ペースメーカーや植込み型除細動器(ICD)は植込み後も、正常に作動しているか確認するため定期的な受診が必要です。臨床工学技士はプログラマーを操作し、それぞれの方に適した設定と、バッテリー残量、リード線の状態、不整脈発生状況などの確認を5~10分程度の短時間で行っています。当院のペースメーカー/ICD外来人数は約600人で、一日に約50~60名受診されます。また、外来時間は毎週水曜日14:00~16:00の時間帯で行っています。

3Dマッピングシステム アブレーションの風景
-ペースメーカー外来の様子-
ページトップへ