メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

急性中耳炎、滲出性中耳炎

急性中耳炎は中耳に細菌やウイルスが入り、急性の炎症がおきて膿がたまる病気です。中耳炎はかぜをひいたときなどに鼻やのどの炎症に引き続いておこることが多いです。中耳には鼻の奥に通じている耳管(じかん)が開いています。細菌やウイルスが鼻やのどから耳管を通って中耳に入ると、中耳の粘膜に急激に炎症をひきおこします。

滲出性中耳炎は、急性中耳炎が完治せずに炎症が長引いて、中耳に滲出液という液体がたまる病気です。中耳の粘膜の炎症と耳管の働きの低下があると、粘膜からしみ出た滲出液が中耳にたまるようになると考えられています。子どもでは3歳ごろから10歳ごろまでに多くみられます。子どもの難聴の原因では一番多いものです。たびたび滲出性中耳炎をくり返す場合は、鼓膜にチューブを入れる手術を行います。

ページトップへ