メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

子宮鏡検査

 子宮は筋肉でできた袋状の臓器で、その中で赤ちゃんを育てるようにできています。超音波検査などで、その袋の中(子宮内腔)の病変が疑われたときに行う検査が子宮鏡検査です。子宮内膜ポリープや粘膜下筋腫(子宮内腔に出ている筋腫)などを観察して、治療方針を決めるために行います。

 子宮鏡は細い管状のカメラです。当院の外来で使っているカメラは、軟性鏡といって、先が曲がるようになっていて、細いものです。子宮の中に生理食塩水を入れて子宮内を見やすい状態にして、カメラを挿入します。カメラはとても細いので前処置なく検査できますが、検査中・後は生理痛のような痛みがあることが多いです。

 当院では予約が必要な検査になります。検査を行うのは生理終了直後が適していますので、それも考慮して日時を決めて行っています。

ページトップへ