メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

卵巣腫瘍

 卵巣は子宮の左右に1つずつ、計2つあります。通常、2-3cmの大きさです。排卵の前には卵の袋(卵胞)が3cmくらいに見えることもありますが、卵胞ではない袋が5cm以上にできてしまうことがあります。お水が溜まっただけの袋の場合、自然に消失することもありますが、そのままだったり、徐々に大きくなる場合、卵巣嚢腫と言います。嚢腫の中身はお水のこともあり、脂肪・毛髪・骨などのこともあります。よほど大きくならないと自覚症状はありませんが、重みで卵巣と卵管がねじれてしまうことがあります。茎捻転と言って、強い腹痛があり、緊急手術が必要になります。また、子宮内膜症による卵巣嚢胞(チョコレート嚢胞)の場合、袋が破けて中身がお腹の中に出てしまったときも強い腹痛があり、緊急手術になる場合があります。

 卵巣腫瘍にはいろいろな種類がありますが、良性・境界悪性・悪性(癌)に分けられます。治療はいずれも手術が基本です。手術前に腫瘍マーカーを測ったり、CT、MRIといった検査を行ったりして、悪性か良性かを予測しますが、はっきりとした診断は手術をして病理検査をしなければわかりません。手術の方法には開腹手術と腹腔鏡手術があります。また卵巣を丸ごと取る付属器切除と嚢腫だけを取る嚢腫切除術があります。年齢や腫瘍の性質などを考慮して術式を決めます。

ページトップへ