メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

子宮筋腫

子宮筋腫とは子宮にできる筋肉のコブです。良性腫瘍で、できる場所・大きさによって症状が違います。子宮の内側に大きくなると月経量が多くなり(過多月経)、貧血になってしまいます。外側に大きくなる場合は、かなり大きくならないと症状はでませんが、お腹の上から触れたり、頻尿になる場合もあります。女性ホルモンによって大きくなるため、月経がある間は徐々に大きくなることが多いです。閉経すると少し小さくなりますが、なくなることはありません。

治療

大きくても症状がなければ治療せずに様子を見る場合もあります。小さくても症状がある場合は治療の対象になります。治療は薬物療法と手術療法があります。薬物療法は月経を止めて少しでも小さくしたり、その間に貧血をよくするために行います。閉経と同じ状態にするため、更年期障害症状や骨粗しょう症のリスクもあり、治療期間は限られます。手術は筋腫だけを取る手術と子宮全体を取る手術があります。根治になるのは子宮全体を取る手術です。挙児希望がある場合は筋腫だけを取る手術、挙児希望がない場合は子宮全体を取る手術をお勧めします。その他にも、子宮動脈塞栓術や集簇超音波治療などもありますが、当院では行っておりません。

ページトップへ