メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

上部尿路結石破砕術

当科では以下の3つの方法を用いてほぼすべての上部尿路結石(腎結石・尿管結石)を破砕しています。

体外衝撃波結石破砕術

(Extracorporeal Shock Wave Lithotripsy;ESWL)
体の表面に衝撃波の発生装置を当てて、レントゲンや超音波を使って照準を定め、体の中の結石のみを破砕します。治療の目標は体外へ自然に流れる大きさまで細かく結石を砕くことです。砕いた破片が尿と一緒に自然に出るのを待ちます。破砕の回数は結石の大きさや固さによって異なります。麻酔は行わず鎮痛薬だけで実施可能です。腎結石と尿管結石が対象になります。通常、一泊入院で行っていますが、条件によっては外来治療も行っています。

経尿道的尿路結石除去

(Transurethral Lithotripsy;TUL)
細径の軟性尿管鏡を尿の出口から挿入し膀胱を経て尿管または腎臓まで通し、レーザーを用いて結石を砕く方法です。尿管結石、ESWLで砕けなかった硬い結石や大きくESWLでは時間がかかると予想される結石、レントゲン写真に写らない結石などに行っています。通常は4-5日の入院が必要で、手術は腰椎麻酔(下半身の麻酔)もしくは全身麻酔で行います。

経皮的腎結石除去術

(Percutaneous Nephrolithotripsy; PNL)
腰の体表面から腎臓に小さな穴を開けそこから内視鏡を挿入して、腎臓の中の石をレーザーを用いて砕く手術です。ESWLで砕けないような硬い腎臓の結石や非常に大きな腎結石でESWLでは時間がかかると予想されるものに有効です。腎結石が対象になります。手術の際には全身麻酔が必要です。

ページトップへ