メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

膝・スポーツ・人工関節外科

膝関節の外傷・障害は、近年のスポーツ人口の増加に伴い、ニーズが増加しています。水曜午後にはスポーツ専門外来も行っていますので、ぜひご利用ください。当院では、必要があれば関節鏡手術などの最小侵襲手術を行い、早期復帰に努めています。
膝前十字靭帯損傷に対しては、骨付き膝蓋腱(BTB)を用いた長方形骨孔再建術またはハムストリングを用いた二重束再建術を施行しています。
膝半月板損傷に対しては、近年半月板温存の重要性が認識されており、修復可能な損傷に対しては半月板縫合術を積極的に施行しています。

鏡視下前十字靱帯再建術:

    術前MRI 術後MRI

関節鏡を用いた最小侵襲手術

鏡視下半月板縫合術:

半月板の断裂した部分を関節鏡視下に縫合します。

変形性関節症、関節リウマチ、骨壊死などの疾患に対しては、運動療法、薬物治療ならびに関節内注射を組み合わせた保存治療を行い、症状を軽くするよう努めています。保存治療で改善が難しい患者様に対しては、必要に応じて骨切り手術、人工関節置換術などを行い、痛みのない豊かな生活を送れるようお手伝いしています。
人工関節手術に当たっては、従来の3分の2程度の皮膚切開で行う小侵襲手術を実践しており、早期回復に役立っています。手術を受ける患者様の術前の貧血の有無や程度に応じて、必要であれば自己血輸血を行っています。また、硬膜外麻酔や神経ブロックの併用により術後の痛みを和らげるようにしています。

高位脛骨骨切り術:

内反変形を矯正して、人工骨移植とプレート固定を行います。

人工膝関節単顆置換術:

変形が比較的軽度の患者様に対しては、内側(または外側)のみの人工関節置換を行います。

人工膝関節全置換術:

両側一期的手術も行っています。

人工股関節全置換術:

変形性股関節症や大腿骨頭壊死などによる股関節の痛みや変形を改善します。

診断のみ、セカンドオピニオンのみの患者様に対しても、できるだけ分かりやすく説明するよう心掛けていますので、お気軽にご相談下さい。

ページトップへ