メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

ペースメーカー植込み術

脈が遅くなる(徐脈)ために、めまい・ふらつき・失神といった症状を有する患者さまに、ペースメーカーの植込み手術を施行しています。洞機能不全症候群・房室ブロックの患者さまには、より生理的な血行動態を目指し、心房ペーシング(AAIペースメーカー)や心房心室同期ペーシング(DDDペースメーカー)の植え込みを積極的に行っています。手術時間は、約1-2時間で、術後安静も2時間程度で済みます。4日~7日の入院期間となります。

右心室のみを刺激していた従来のペースメーカーの心室リードに加え、冠静脈内にリードを留置し、左心室側からも心臓を刺激することで、効果的な左心室収縮を図る、重症心不全に対する新しい治療法です。当科は植込み手術の施設認定を受け、同治療法にも取り組んでいます。

ページトップへ