メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

弁膜症

 心臓にある弁に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を「心臓弁膜症」といいます。弁の開きが悪くなり血液の流れが妨げられる「狭窄」と、弁の閉じ方が不完全なために血液が逆流してしまう「閉鎖不全」があります。

 弁膜症の代表的な疾患である大動脈弁狭窄症は、大動脈弁の開きが悪くなり、血液の流れが妨げられてしまう疾患です。軽度のうちはほとんど自覚症状がありませんが、病状が進むと動悸や息切れ、疲れやすさなどの症状が現れ、重症になると失神や突然死に至る可能性もあります。重症な症状があらわれた患者様の約半数は2年以内に命を落とすという統計データがあります。

ページトップへ