メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

急性腹症に対する腹腔鏡下手術

腹腔鏡手術は、腹部に3~5カ所の穴(5~10mm)を開けて、腹腔内に挿入したカメラの画像をテレビモニターで見ながら行う手術です。当院では緊急手術に対しても、できる限り低侵襲の手術を行っております。原因不明の腹痛(腹膜炎)に対する腹腔鏡検査は余計な負担をかけずに腹腔内を観察することができ、判明した原因に対して腹腔鏡下に治療を行うことも可能です。十二指腸潰瘍に対する大網被覆術や虫垂切除術、腸閉塞に対する癒着剥離や小腸切除等、原因により施行する手術は様々です。

ページトップへ