メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

食道アカラシアについて

 下部食道括約部の弛緩不全による通過障害が主な病態です。摂取した食事や,飲みものが胃まで到達しにくい状態となるため,嚥下困難,つかえ感,胸痛が主な症状であり,体重減少を伴うことも稀ではありません。造影検査(いわゆるアカラシア撮影)や内視鏡検査,内圧検査等で診断されます。

 手術治療が有効であり,9割前後の奏効率と報告されています。手術内容としては弛緩不全を来している筋層を切開することと,筋層切開に伴う胃食道逆流を防止するための噴門形成を行う二つのパートがあります。当院では腹腔鏡下Hellar-Dor手術を施行しています。

ページトップへ