メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

先天性心疾患の診断・治療

先天性心疾患は種類が多く、乳児期早期から心不全に陥ることもあれば成人してから見つかる人もいます。一般に15歳以下は小児循環器専門医が超音波検査、心臓カテーテル検査を行い診断します。

その結果でどのような手術が必要かを考え、根治手術(一度で治す手術)が可能か、乳児期を乗り切るために姑息手術(まず成長するまでの一時的手術)か、その時期などを決めます。当院で は心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、心内膜床欠損症、動脈管開存症、ファロー四徴症など乳児期からの手術も行っております。

ページトップへ