メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

冠動脈造影検査(CAG)

冠動脈造影検査(CAG)

 手首、肘または足の付け根の血管から細い管(カテーテル)を挿入します。検査は局所麻酔で行い、カテーテルを心臓の近くまで進め冠動脈に挿入します。カテーテルから冠動脈に造影剤を注入してX線による撮影を行い、冠動脈の評価を行います。冠動脈の狭窄の程度、部位などを詳細に評価でき、冠動脈疾患を診断するのにもっとも正確な評価ができる検査です。

 必要に応じて冠動脈内に治療用のワイヤーを挿入し、冠動脈内圧・血流の評価や血管内イメージング(血管内超音波検査、光干渉断層法など)を追加し、狭窄度の判定や血管内プラーク性状の判別などより詳細な評価を追加することがあります。

ページトップへ