メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下手術

当科では、成人鼠径ヘルニアに対し、鼠径部を5cmほど切開する従来法(鼠径法)に加え、腹部を大きく切らず、小さな孔から内視鏡を用いて手術を行う腹腔鏡下ヘルニア根治術(TAPP)を施行しています。内視鏡をおなかの中に挿入し、腹壁に開いた穴を確認し、ポリプロピレンでできているシートを穴にあてて閉鎖します。従来法に比べた利点は、診断と治療がより確実に行えることであり、従来法では難しかった再発症例では特に有効です。又、腹部には1~3個の小さな穴をあけて手術施行しますが、それらは手術後時間が経てば、ほとんど目立たなくなります。従来法に比べた欠点は、全身麻酔が必要なこと(従来法は腰椎麻酔)、過去に腹部の手術歴がある方には施行困難なこと、手術時間が1時間半程とやや長くなること(従来法は1時間弱)等です。手術の前日に入院していただき、手術の翌々日に退院となりますが、これは従来法も同様です。

 腹腔鏡下ヘルニア根治術に関心がある患者様は、毎週木曜日の外来(田代)にて丁寧に時間をかけて説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

内視鏡で確認した右鼠径ヘルニア。 表面の腹膜を剥離した後、腹壁の
穴をポリプロピレンのシートで閉鎖。
腹膜を縫合閉鎖し、手術終了。
ページトップへ