メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

閉塞性動脈硬化症

 動脈硬化は全身の血管で起こり、動脈の内腔が狭くなること(狭窄)や、詰まること(閉塞)で血流障害を起こします。心臓への血流障害である狭心症・心筋梗塞や、脳への血流障害である脳梗塞は有名ですが、同様に足への血流障害を起こす病気が「閉塞性動脈硬化症」です。

 閉塞性動脈硬化症は足への血流障害が生じますので、症状は「歩行」について障害が出てきます。早期では長い距離の歩行や階段の上り下りなど足に負担がかかる運動時にふくらはぎや太ももに痛みが生じます。痛みは休むと症状が消えることから「間歇性跛行」と呼ばれます。病気が進行すると痛みが生じる歩行距離がだんだん短くなり、結果として自宅内やベッドの上での生活が長くなってしまいます。最も重症な症状では、重症下肢虚血とも呼ばれ、寝ている時など足に運動の負担がかかっていない時にも痛みが生じる「安静時疼痛」や足の指や踵に「治癒しない傷」や、黒く腐敗する「壊死」となり、下肢の切断の危険が生じてしまいます。ただし、似たような症状を示す他の疾患もありますので、当科では血管検査に特化したバスキュラーラボ(血管検査室)を立ち上げ、より客観的で正確性に優れた評価を目指しています。

 治療は、生活習慣病の治療を土台として、歩行により適度の負担をかけて足を鍛える運動療法や、血液を固まりにくくする薬物療法を行います。そして重症な方や症状が進行する方では手術治療を行います。患者さんの症状を基に、適切に組み合わせて治療に当たります。

 手術治療はバイパス手術などいわゆる外科的な手術と、カテーテルによる血管内治療があります。近年では、その両方の治療を同時に行い、両方の利点を活かした「ハイブリッド(組み合わせ)手術」が注目されています。新病院では手術室に血管撮影装置を備えた「ハイブリッド手術室」を完備しておりますので、患者さん一人ひとりにより適した、より低侵襲な治療を提供することが可能となっています。

 重症な、足に治癒しない傷があったりや黒く腐敗した状態においても、血流が改善する治療を検討し、形成外科や整形外科、リハビリ科など複数の診療科と連携し、可能な限り大切な機能が温存できるように治療に当たります。また、透析患者さんも、腎臓内科と連携し治療を行っています。

 当科では、閉塞性動脈硬化症において、症状を基にした個々に適した治療を提供することにより、「歩行」という機能を維持・改善し、患者さんの日常生活に少しでも貢献したいと考えています。

ページトップへ