メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

網膜剥離

眼の中の網膜というカメラでいうところのフィルムにあたる神経の膜が剥がれてしまう病気です。剥がれてしまった網膜は栄養が行き渡らず、放置すると最終的に失明につながることがあります。

網膜の一部が裂けて剥がれる場合は裂孔原性網膜剥離と呼ばれ、原因としては、眼を強くぶつけたり、眼の中の硝子体と呼ばれるゼリー状の物質が加齢に伴い収縮して網膜を引っ張り裂けてしまうことが多いです。網膜が裂けて間もなく、周りが剥がれていないような状態であれば、外来でのレーザー治療でとどめられることが多いですが、進行した場合は硝子体手術や強膜内陥術(眼の外側にバックルと呼ばれるスポンジ状の素材を縫い付ける手術)などが必要になります。その他、網膜が裂けていなくても眼の炎症などが原因で網膜が剥がれる漿液性網膜剥離というものもあります。

飛蚊症(ゴミのようなものが飛んで見える)が急に悪化したり、視野の一部分が欠けてその範囲が徐々に広がるようであれば眼科受診をお勧めします。

ページトップへ