メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

大動脈瘤

 動脈は全身の至る所に張り巡らされていますが、心臓から出た動脈は大動脈として胸部では頚部~頭部、上肢に行く血管を分枝して背中側を下行し、横隔膜を超えて腹部に入ってからは内臓(肝臓や脾臓、胃や腸管など)や腎臓に行く血管を出してお臍のあたりで左右の2本に分かれます。心臓からでて左右の2本に分かれるまでを大動脈と呼び、横隔膜より上を胸部大動脈、下を腹部大動脈と言います。

 大動脈瘤は、大動脈の一部の壁が全周性または局所的に拡張した状態で、正常の1.5倍以上を動脈瘤と呼んでいます。通常胸部大動脈は30mm程度、腹部大動脈は20mm程度ですので、だいたい胸部で45mm以上、腹部で30mm以上を大動脈瘤と呼んでいます。発生部位によって胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、両方にまたがるものは胸腹部大動脈瘤と呼ばれています。

 症状は、胸部大動脈瘤では嗄声や飲み込みにくさ、背部痛が見られたり、腹部大動脈瘤では拍動性腫瘤の触知や腹満感、便秘などが見られることもありますが、その多くは無症状であり、他の病気の検査中に見つかることも多く特に最近はCT検査を行うことも多くなったため偶然見つかることが多くなっています。無症状であっても、突然破裂すると生命を脅かすため「サイレントキラー」とも呼ばれています。動脈瘤の治療は破裂前に行うことが大切になります。大動脈瘤の治療には、人工血管置換術とステントグラフト内挿術があります

〈腹部大動脈瘤〉

 腹部大動脈瘤は60歳以上の男性に多く、高血圧や喫煙、動脈瘤の家族歴のある方が起こりやすいと言われています。通常は無症状で、臍周囲に拍動性腫瘤として自覚できることがあります。破裂や切迫破裂では強い腹痛、腰背部痛を認めて、意識がなくなることもあります。破裂した場合の死亡率は70-90%とも言われ、破裂する前の治療が大切になります。瘤径5cmを超えると破裂の危険が年3-15%と言われており、当院でも5cmまたは拡大速度の速いものを治療の一つの基準としております。ただ、女性や高血圧、喫煙、慢性閉塞性肺疾患、大動脈瘤の家族歴のある方は破裂の危険が高いとも言われているので、状況に応じて手術治療の時期を相談しています。動脈瘤が小さいうちは血圧管理や禁煙といった内科的管理を行って少しでも瘤径の拡大予防に努めていきます。手術治療は大きく分けて開腹による人工血管置換術と、足の付け根の血管から管を入れて血管の中で人工血管を組み立てるステントグラフト内挿術があります。

ステントグラフト内挿術は日本では2007年より保険適応となった治療で、非常に低侵襲で、高齢者や心臓合併症、肺合併症などがあって従来の手術では高い危険を伴う方にも行うことができるようになってきています。当院でも適応のある方へはステントグラフト内挿術を積極的に行っておりますが、造影剤を使用しなければいけないこと、将来不具合が出る可能性もあり長年にわたって経過観察が必要であることなどといったデメリットもあります。そのため治療に際しては、それぞれの治療について十分ご説明のうえ行っております。

〈胸部大動脈瘤〉

胸部大動脈瘤に対する、人工血管置換術は心臓外科で対応しております。手術リスクの高い方や下行大動脈瘤の方で、解剖学的適応のある方はステントグラフト内挿術を行っております

ページトップへ