メニュー

用語集 Glossary 用語集Glossary

下肢静脈瘤

 下肢の静脈血流は重力に逆らって下から上に流れるため、逆流を防ぐ一方向弁がたくさんあります。しかし長年の立ち仕事や妊娠などの腹圧の上昇、肥満や炎症などで弁の機能が悪くなり、50歳代では半数の人には逆流が出てきます。徐々に進行して、主に下腿部の表面の静脈が膨らんで見られるようになるのが、一般的な静脈瘤です。他に皮膚表面の細い静脈が拡張して、網目状やクモの巣状になるものもあります。

 見た目の問題、立位で悪化するむくみや疲れ、疼痛、朝方にふくらはぎが痙攣する等の症状で受診されることが多いですが、進行すると皮膚炎や皮膚潰瘍が悪化し、皮膚科での治療だけではなおらなくなります。症状が気にならない状態なら治療の必要はありません。軽度の症状は弾力ソックス着用などの圧迫療法や運動、マッサージなどで改善します。症状が気になったり、悪化してきた場合は外科治療を考えます。当院では高周波による血管内焼灼術を施行しており、血管がぼこぼこした部位に関しては2-3mm程度の傷から血管を引っ張りだす瘤切除術を行っております。現時点では原則一泊入院で行っております。その他、軽度の場合は外来で硬化療法も行っております。

ページトップへ