平成28年度 総合病院土浦協同病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1777 443 516 933 1073 1483 3612 4112 2337 468
新生児が多いのが特徴です。一年前との比較で20歳代以下は減少、30歳代以上は増加しています。人口構成の変化による影響も考えられます。全年齢階層合計で比較すると一年前より1153人増加しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 422 7.31 11.06 2.13 77.60
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 107 10.11 11.74 0.00 73.34
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 72 7.61 9.08 1.39 68.10
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 62 8.08 9.02 0.00 72.10
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 57 10.04 10.93 1.75 67.47
「060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、良性の胆管の狭窄病変に対して、内視鏡を用いて、原因となる結石を除去したり、狭窄部位を拡張する診療プロセスです。外科手術と異なり、低侵襲な治療法です。「060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし」は、肝臓がんに対して、外科手術ではなく、血管内カテーテル操作により、肝動脈内に抗がん剤と動脈をふさぐ物質を注入する診療プロセスです。多くは予定入院翌日手術その6日後退院です。「060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、ヘルニアを伴わない腸閉塞に対して、手術は行わず、薬物療法など保存的治療を行う診療プロセスです。「060020xx04x0xx胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし」は、早期胃がんに対して外科切除ではなく、内視鏡を用いて粘膜下層から切除する診療プロセスです。「060140xx97x00x胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、多くは胃・十二指腸からの出血性病変に対して、外科手術ではなく内視鏡を用いて止血操作をする診療プロセスです。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 727 4.38 5.51 0.14 62.06
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 483 3.09 3.22 0.00 68.01
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 228 5.82 4.71 0.00 68.64
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 152 14.17 13.02 0.00 69.58
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 142 3.08 3.06 0.00 66.35
「050070xx01x0xx頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし」は、当院で最も患者数の多い診断群分類です。心房細動・心房粗動・上室性頻脈など、頻脈性の不整脈に対して、外科手術ではなく、血管内カテーテル操作で、不整脈の原因となる心臓の筋肉(心臓のごく一部です)を熱で変性させることにより治療する診療プロセスです。この手技は局所麻酔で行なわれ手術に分類されます。緊急入院して緊急手術する場合もありますが、多くは予定入院翌日手術、手術後翌日から2日で退院です。「050050xx99200x狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」「050050xx99100x狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、狭心症や心筋梗塞の既往のある患者さんに、病状の評価や治療方針を決めるために行なう、心臓カテーテル検査の診療プロセスです。多くは予定入院で、入院翌日検査その翌日退院です。
両者の違いは検査手技によるもので手術・処置等12あり のほうが高度な検査手技です。「050050xx02000x狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、前項目の検査で心臓に酸素や栄養を供給する冠状動脈に治療を必要とする高度な狭窄が見つかった患者さんに行なう、外科手術ではなく、血管内カテーテル操作で、狭窄した血管を中から押し広げる「ステント」を挿入し、狭窄の改善や再狭窄の予防を行なう診療プロセスです。この手技は局所麻酔で行なわれ手術に分類されます。多くは予定入院で、入院翌日手術その3日後退院です。「050030xx97000x急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、急性心筋梗塞の患者さんに対して前項目と同様にステントを留置する診療プロセスです。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 153 2.80 3.68 0.00 70.39
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 77 16.74 14.83 5.19 77.04
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 76 21.12 21.25 13.16 83.14
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 70 10.59 12.35 0.00 71.79
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 62 18.65 19.92 8.06 71.77
「040040xx9910xx肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし」は、肺がんが疑われる患者さんに対して、診断を確定するための気管支鏡検査を行なう診療プロセスです。多くは予定入院で入院当日検査翌日退院です。「040040xx99000x肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、肺がんの患者さんに対して、手術・抗がん剤治療・放射線治療などは行わず、保存的療法を行う診療プロセスです。「040081xx99x00x誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、誤嚥を起こしやすい基礎疾患を有する患者さん(老人が多い)に対して、主として抗生物質を投与し嚥下訓練などを行う診療プロセスです。「040040xx99040x肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし」は、肺がんの患者さんに対して特に明示されない抗癌剤による薬物療法を行う診療プロセスです。「040110xxxxx0xx間質性肺炎 手術・処置等2なし」は、間質性肺炎(感染症以外の肺炎)に分類される患者さんに対して、診断のための検査や治療を行なう診療プロセスです。人工呼吸器管理が必要な重症患者さんは、この分類には集計されません。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 101 12.42 16.83 0.00 68.28
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 55 14.22 21.92 0.00 69.78
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 49 8.06 10.82 0.00 67.78
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 34 22.88 34.90 0.00 75.88
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 26 34.81 41.96 0.00 59.62
「130030xx99x40x非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし」「130030xx97x40x非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし」は、非ホジキンリンパ腫に対して、抗がん剤リツキサンを投与する診療プロセスです。前者は輸血なし後者は輸血ありの違いです。「130060xx97x40x骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし」「130060xx99x4xx骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり」は、骨髄異形成症候群の患者さんに対して、抗がん剤ビダーザを投与する診療プロセスです。前者は輸血あり後者は輸血なしの違いです。「130010xx97x2xx急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり」は抗がん剤による薬物療法と輸血を行う診療プロセスです。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 10.79 12.84 5.48 64.52
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 8.93 8.87 2.38 69.43
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 38 7.97 7.58 0.00 52.84
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 33 11.82 14.77 0.00 67.09
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 30 13.83 12.43 10.00 81.67
「110280xx99000x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」には、慢性腎不全や間質性腎炎などの患者さんに対する、手術や輸血を行なわない様々な診療プロセスが含まれます。「110280xx02x00x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、慢性腎不全の患者さんで、今後行なう維持血液透析や、すでに行なわれている維持血液透析のために必要な、内シャントを造設したり再建したりする診療プロセスです。「110280xx991x0x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし」は、慢性腎不全などの患者さんに対して、その原因の確定診断のために経皮的腎臓針生検を行う診療プロセスです。「110280xx99010x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし」は、慢性腎不全の患者さんに対し、入院中に血液透析を行なう診療プロセスです。「110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし」は、尿路感染症に対して主として抗生物質を投与する診療プロセスです。
代謝内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 60 10.87 14.91 0.00 64.40
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 28 7.36 12.20 0.00 61.11
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 24 10.79 14.61 0.00 52.38
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 12 8.17 11.48 0.00 45.67
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 15.40 13.78 0.00 58.30
「100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満」「100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満」「100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満」
「100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満」
は、いずれもケトアシドーシスを伴わない2型糖尿病(一般的な糖尿病)に対して行われる診療プロセスです。末梢循環不全ありとは、糖尿病の合併症としてしばしば認められる足の血行障害などが含まれます。これらの診断群分類の中に、糖尿病の教育入院パスも含まれます。「100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、重症の糖尿病で(昏睡には至らない程度)、糖代謝が著しくそこなわれた状態です。
リウマチ内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 38 15.55 17.77 7.89 62.55
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
070560xx97x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
070470xx97x0xx 関節リウマチ その他の手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
- - - - - - -
「070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし」「070560xx97x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術あり 手術・処置等2なし」は、関節リウマチを除く膠原病に対して、診断や治療を行う診療プロセスです。前者と後者の違いは、後者は合併症に対して手術を行う診療プロセスです。「070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし」「070470xx97x0xx 関節リウマチ その他の手術あり 手術・処置等2なし」は、関節リウマチに対する診療プロセスです。前者と後者の違いは後者は、診断のための手術を行う診療プロセスです。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 86 15.66 16.54 18.6 69.78
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 12.50 7.12 5.88 60.97
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 21.57 9.36 0.00 42.79
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 副傷病なし 21 21.71 18.04 9.52 42.62
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 20 15.55 16.73 20.00 74.85
「010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2」は、発症後3日以内の脳梗塞で、重篤な意識障害はなく、日常生活の自立度の高い患者さんに対して、エダラボンという脳梗塞治療薬を使い保存的に治療する診療プロセスです。「010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2」は、発症後3日以内の脳梗塞で、重篤な意識障害はなく、日常生活の自立度の高い患者さんに対して、特異的な治療は行わず主としてリハビリテーション治療を行う診療プロセスです。「010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、てんかんの患者さんに対して、抗てんかん薬などの薬物療法を行なう診療プロセスです。「010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、髄膜炎・脳炎・脊髄炎に対する診療プロセスです。「010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 副傷病なし」は、炎症性多発性ニューロパチーに対して、免疫グロブリンを投与する診療プロセスです。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 73 6.58 6.82 0.00 56.27
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 59 10.44 17.65 0.00 69.98
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 13.42 15.92 0.00 67.55
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 36 15.03 9.82 0.00 65.58
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 8.72 7.61 0.00 56.53
「060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等」は、胆嚢炎を伴わない胆嚢結石症に対して、腹腔鏡下胆嚢摘出術を行なう診療プロセスです。多くの症例は予定入院で入院翌日手術です。「060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし」は、胃がんに対する腹腔鏡下胃切除術を行う診療プロセスです。「060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、結腸がんに対して、定型的な切除手術を行なう診療プロセスです。腹腔鏡下手術が多数ですが、開腹手術も含まれます。「060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし」は、食道がんに対して手術や放射線治療は行わず、特に明示されない抗がん剤による薬物療法を行う診療プロセスです。「060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、胆嚢炎に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を行う診療プロセスです。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 94 12.26 21.29 0.00 68.60
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 9.31 10.09 0.00 33.92
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 38 2.11 3.68 0.00 72.66
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 24 8.13 12.73 0.00 67.13
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 13 7.62 12.35 0.00 67.15
「040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし」「040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし」は、共に、主として肺がんに対して行なわれる手術の診療プロセスです。前者には中心静脈ラインなどが入ります。「040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、非外傷性気胸の患者さんに手術を行なう診療プロセスです。「040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし」は、肺がんが疑われる患者さんに対して、診断を確定するための気管支鏡検査を行なう診療プロセスです。多くは予定入院で入院当日検査翌日退院です。「040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし」は、肺がんに対して手術や放射線治療は行わず、特に明示されない抗がん剤による薬物療法を行う診療プロセスです。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 97 2.14 3.34 0.00 65.72
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 5.75 5.85 3.85 73.31
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 43 21.44 24.70 2.33 70.79
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 24 11.46 12.74 0.00 77.58
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 22 18.18 23.36 0.00 68.95
「050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり」は、下肢の静脈瘤に対して、血管内焼灼手術などを行なう診療プロセスです。予定入院当日手術翌日退院です。「050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、動脈硬化症やその他の原因による四肢の動脈の閉塞や狭窄病変に対して、カテーテル操作による血管拡張術や血栓除去術を行ったり、外科手術により狭窄や閉塞病変の改善を行う診療プロセスです。「050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし」は、心臓弁膜症に対して、主として弁置換手術や弁形成手術を行なう診療プロセスです。「050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし」は、破裂していない腹部大動脈瘤あるいは腸骨動脈瘤に対して、外科的切除術ではなく動脈瘤内にステントグラフトを挿入し破裂を予防する手術を行う診療プロセスです。「050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり」は、狭心症などの虚血性心疾患に対して、冠動脈-大動脈バイパス手術を行う診療プロセスです。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 26 6.31 6.59 3.85 64.69
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 23 13.04 11.57 0.00 59.09
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 18 13.78 10.30 0.00 68.17
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり - - - - -
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - - - -
「090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし」「090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし」「090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし」「090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし」は、いずれも乳がんに対する手術を行う診療プロセスで、乳房の切除範囲やリンパ節郭清の範囲による違いです。「090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり」は、乳房の良性腫瘍に対して腫瘍摘出術を行う診療プロセスです。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 13 3.23 5.60 0.00 10.69
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり - - - - -
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 - - - - -
140580xx02xxxx 先天性下部尿路疾患 尿道形成手術等 - - - - -
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 - - - - -
この集計方法では、小児外科で最も症例数の多い、「小児鼠径ヘルニアに対する手術」の診療プロセスは、集計されません。「小児鼠径ヘルニアに対する手術」については、6) 診療科別主要手術別患者数等を参照して下さい。「060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等」「060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等」は、いずれも急性虫垂炎に対して腹腔鏡下虫垂切除術を行う診療プロセスです。両者の違いは虫垂周囲膿瘍の合併の有無です。「140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり」は原則手術当日入院翌日退院です。「140580xx02xxxx 先天性下部尿路疾患 尿道形成手術等」は、主に尿道下裂症に対して手術を行う診療プロセスです。「060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等」は、臍ヘルニアや腹壁ヘルニアに対して手術を行う診療プロセスです。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 152 30.11 27.63 33.55 77.16
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 75 3.32 5.49 0.00 49.91
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 42 3.86 5.33 0.00 33.55
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 38 22.32 24.42 5.26 72.11
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし 31 3.06 4.37 0.00 27.58
「160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等」に分類される多くの患者さんは、高齢者の大腿骨頚部骨折です。大腿骨頭挿入手術や大腿骨を固定する手術が行なわれます。手術後のリハビリテーションが大切です。周辺地域に回復期リハビリテーション病棟が少ないため転院率が低く、平均在院日数が長くなっています。「160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし」は、前腕の骨である尺骨および橈骨(とうこつ)の肘下から手首までの非開放性骨折に対して、手術を行なう診療プロセスです。「160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし」は、肘関節周辺の非開放性の骨折や脱臼に対して、手術を行なう診療プロセスです。「07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等」は、主に変形性股関節症に対して人工股関節置換術を行う診療プロセスです。「160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし」は、手関節周辺の非開放性の骨折や脱臼に対して、手術を行う診療プロセスです。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 60 12.53 9.87 11.67 77.98
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 8.48 7.52 1.92 46.9
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 31 2.16 3.20 0.00 59.55
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 5.73 7.12 0.00 33.19
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 19.25 19.35 33.33 62.75
「160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、頭部外傷で緊急入院した患者さんに対して、頭蓋内血腫除去術などを除く、若干軽微な手術を行なう診療プロセスです。慢性硬膜下血腫に対して手術を行う診療プロセスも含まれます。「160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、頭部外傷で緊急入院した患者さんに対して、手術などは行なわない診療プロセスです。「010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし」は、予定入院で今後の治療方針などを決める検査を行なう診療プロセスで、原則2日間の入院です。「010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、てんかんに対して検査や薬物療法を行う診療プロセスです。「010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、主として意識レベルが保たれている脳内出血に対して、必要な検査や薬物療法を行う診療プロセスです。周辺地域に回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟が不足しているため、神経系の患者さんは、転院率が低く、平均在院日数(自院)が長くなる傾向にあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 151 6.70 6.42 1.32 2.97
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 78 4.10 7.12 0.00 5.31
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 72 5.14 12.43 0.00 2.07
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 71 6.54 5.79 1.41 4.65
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 66 6.00 6.02 4.55 0.71
「040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、外来では治療困難な喘息発作をおこす患者さんに対して、主として薬物療法を行なう診療プロセスです。「010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、てんかんに対して、主として薬物療法を行なう診療プロセスです。「110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし」は、主として腎盂腎炎などの感染症に対して、抗生物質を主とする薬物療法を行う診療プロセスです。「0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、1-14歳の肺炎に対して抗生物質を主とする薬物療法を行う診療プロセスです。「040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし」は、急性細気管支炎や急性気管支炎に対して薬物療法を行う診療プロセスです。
新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 139 7.90 6.18 4.32 0.01
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 72 17.5 11.55 2.78 0.00
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等22あり 27 26.33 27.33 0.00 0.00
140080xx99x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術なし 手術・処置等2なし 23 3.43 3.97 0.00 1.22
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15 6.73 8.95 6.67 0.00
「140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、出生時体重2500g以上の新生児で、新生児の黄疸や呼吸不全などを合併しています。手術は行ないませんが、合併症の治療や新たな合併症の予防を行ないます。「140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし」「140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等22あり」は、共に、出生時体重1500g以上2500g未満の新生児で、母親の妊娠期間短縮や新生児の黄疸や呼吸不全などを合併しています。手術は行ないませんが、合併症の治療や新たな合併症の予防を行ないます。前者と後者の違いは、後者ではRSウィルス感染症の重症化予防に有効なシナジスを投与することです。「140080xx99x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術なし 手術・処置等2なし」は、脳・脊髄の先天異常(疑い症例も含まれます)に対して診断をつけるための検査などを行う診療プロセスです。「14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし」は、心臓の先天異常(疑い症例も含まれます)に対して検査や手術以外の治療を行う診療プロセスです。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 55 13.76 11.97 5.45 61.55
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 43 7.30 8.96 0.00 59.98
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 35 2.60 6.76 0.00 67.91
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 20 4.70 8.78 0.00 78.90
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし - - - - -
「080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし」は、主として蜂窩織炎で緊急入院した患者さんに、抗生物質を使用した薬物療法を行なう診療プロセスです。糖尿病など基礎疾患を合併する患者さんも多く、これらに対する治療も行なわれます。「080020xxxxxxxx 帯状疱疹」は、帯状疱疹で緊急入院した患者さんに、抗ウィールス剤を中心とした薬物療法を行なう診療プロセスです。「180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり」は、悪性ではない皮膚皮下の腫瘤性病変で予定入院する患者さんに、外科切除を行なう診療プロセスです。「080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし」は、黒色腫以外の皮膚がんに対して予定入院する患者さんに、切除を行う診療プロセスです。「080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし」は、主として蜂窩織炎で緊急入院した患者さんに、皮膚切開及び抗生物質を使用した薬物療法を行なう診療プロセスです。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 149 6.37 9.98 0.00 71.57
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 86 5.78 7.85 0.00 71.08
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 48 5.98 11.72 0.00 67.63
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 36 7.33 7.44 0.00 74.81
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 34 4.21 5.83 0.00 62.59
この集計方法では、泌尿器科で最も症例数の多い、「前立腺癌疑いに対する前立腺針生検」の診療プロセス164例は集計されません。この診療プロセスは入院当日検査翌日退院です。「上部尿路結石に対する体外衝撃波による破砕術」を行う診療プロセス128例は集計されません。「0200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術」は、前立腺肥大症に対して経尿道的前立腺切除を行う診療プロセスです。予定入院翌日手術です。「110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし」は、膀胱がんに対して経尿道的切除及び術後に抗がん剤の膀胱内注入を行う診療プロセスです。「110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし」は、膀胱がんに対して手術は行わず抗がん剤による薬物療法を行う診療プロセスです。「110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし」は、膀胱がんに対して経尿道的切除を行う診療プロセスです。「11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし」は、尿管結石に対して、膀胱鏡及びレーザー光線を用いて結石を除去する手術を行う診療プロセスです。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 217 8.57 9.88 0.00 32.05
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 72 21.39 20.79 9.72 29.99
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 70 8.34 10.05 0.00 45.66
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 65 8.17 10.36 0.00 46.74
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 44 9.64 9.77 2.27 33.41
「120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等」は、診断群分類の名称は、子宮全摘術等となっていますが、帝王切開術が行なわれます。「120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし」は、手術を行なわなかった診療プロセスです。当院は総合母子周産期センターとして、重症度の高い患者さんを多く診ているので、平均在院日数が長くなっています。「120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等」は、主に子宮筋腫に対して子宮全摘術や腫瘍摘出術を行う診療プロセスです。「120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等」は、卵巣の良性腫瘍に対して、開腹して卵巣摘出術を行う診療プロセスです。「120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等」は、診断群分類の名称は、子宮破裂手術等となっていますが、帝王切開術が行なわれます。なお、この集計には正常分娩や自費併用の患者さんは、含まれません。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 - - - - -
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - - - -
020210xx99x0xx 網膜血管閉塞症 手術なし 手術・処置等2なし - - - - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - - - -
020130xxxxxxxx 原田病 - - - - -
この集計方法では、眼科で最も症例数の多い、「白内障に対する手術」の診療プロセス(片側)91例(両側)40例は、集計されません。「白内障に対する手術」については、6) 診療科別主要手術別患者数等を参照して下さい。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 78 6.19 7.47 0.00 53.32
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 64 5.98 5.50 0.00 38.55
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 32 7.19 9.27 0.00 56.72
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 29 10.07 9.6 0.00 49.69
030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1なし 26 9.12 8.39 0.00 9.65
「030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎」は慢性副鼻腔炎に対して手術を行う診療プロセスです。予定入院翌日手術です。「030240xx99xxxx扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし」は、扁桃腺及び周囲の化膿性炎症に対し、手術は行なわず抗生物質投与などの薬物療法を行なう診療プロセスです。15歳未満の患者さんは小児科に入院し、ここには集計されません。「100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし」は、甲状腺がんに対して切除術を行う診療プロセスです。予定入院翌日手術です。「030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし」は顔面神経麻痺に対し、手術は行なわず抗ウィールス製剤ステロイド製剤投与などの薬物療法を行なう診療プロセスです。「030250xx970xxx 睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1なし」は、睡眠時無呼吸症候群に対して、口蓋扁桃などを摘出し、睡眠時の呼吸抵抗の軽減をはかる診療プロセスです。予定入院翌日手術です。
救急医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 2.95 3.64 0.00 42.66
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 18.57 21.25 8.57 82.34
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 手術・処置等24あり 16 27.44 29.86 25.00 73.38
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 13 1.92 4.19 0.00 54.00
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 11 12.64 34.89 9.09 70.82
「161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、薬物やその他の有害物質(一酸化炭素、動植物由来の毒素など)の中毒患者を治療する診療プロセスです。「040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし」は、誤嚥が原因となって生ずる肺炎に対して、抗生物質を主とする薬物療法をおこなう診療プロセスです。救急科では、緊急入院する成人の肺炎の診療にも重要な役割を果たしています。「130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 手術・処置等24あり」は様々な基礎疾患によって生じる血管内凝固症候群に対して、リコモジュリンを含む薬物療法を行う診療プロセスです。「161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし」は、多くはアナフィラキシーショックに対して薬物療法を行う診療プロセスです。「180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり」は、様々な感染症が重症化することによって生じる敗血症に対して、人工呼吸器や人工腎臓を用いて治療を行う診療プロセスです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 138 25 36 79 - 74 1 6,7
大腸癌 53 48 78 49 12 77 1 6,7
乳癌 32 31 - - - 13 1 6,7
肺癌 65 24 33 103 40 257 1 7
肝癌 23 13 14 12 - 121 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 20 11.00 58.40
中等症 134 14.91 77.60
重症 51 16.20 83.29
超重症 11 12.18 88.27
不明 0 0.00 0.00
重症度が高くなるにつれ平均年齢も高くなります。超重症では早期死亡例も含まれ、平均在院日数も短くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 26 6.69 69.15 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 279 25.92 75.52 24.75
その他 24 26.29 72.13 1.32
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 30 12.20 70.57 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
周辺地域に回復期リハビリテーション病棟が不足しているため、脳梗塞の患者さんの転院率が一般的な水準より低く、平均在院日数が長くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 376 0.94 8.27 2.93 77.95
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 112 1.31 1.87 0.00 67.02
K654 内視鏡的消化管止血術 92 1.54 8.13 3.26 67.86
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 95 1.55 6.74 0.00 72.95
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 80 0.83 4.66 1.25 71.91
「K688内視鏡的胆道ステント留置術」は、良性および悪性の胆管の狭窄病変に対して、外科手術ではなく、内視鏡を用いて、狭窄部位を内側から広げ支持する「ステント」を挿入する手術です。「K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)」は、大腸の良性ポリープに対して内視鏡を用いて切除する手術です。入院せずに外来で行うケースも多いのですが、ここでは入院例について集計してあります。また2cm以上のポリープについては別のKコードに分類され26人でした。「K654内視鏡的消化管止血術」は、良性および悪性の病変による消化管出血に対して、内視鏡を用いて止血操作をする手術です。「K6152血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術)」は、肝臓がんに対して、外科手術ではなく、血管内カテーテル操作により、主に肝動脈内に抗がん剤と動脈をふさぐ物質を注入する手術です。多くは予定入院翌日手術その6日後退院です。「K6871内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの)」は、主として胆管結石に対して、内視鏡を用いて十二指腸乳頭の括約筋を切開し、排石を促す手術です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 549 1.06 2.49 0.00 63.38
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 247 2.49 6.47 0.81 69.25
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 183 1.39 2.26 0.55 58.20
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 62 1.92 4.58 3.23 73.40
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 54 0.06 15.67 1.85 69.94
「K5951経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの」「K5952経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの」は、いずれも頻脈性の不整脈に対して、外科手術ではなく、血管内カテーテル操作で、不整脈の原因となる心臓の筋肉(心臓のごく一部です)を熱で変性させることにより治療する手術です。この手技は局所麻酔で行なわれ手術に分類されます。両者の違いは詳細な手技の違いで、不整脈の原因に応じて選択されます。緊急入院して緊急手術する場合もありますが、多くは予定入院翌日手術、手術後翌日から3日で退院です。この二つの手術を合わせた患者数は一年前の579人から732人と増加しています。「K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)」「K5492経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)」は、心臓に酸素や栄養を供給する冠状動脈に治療を必要とする高度な狭窄が見つかった患者さんに行なう、外科手術ではなく、血管内カテーテル操作で、狭窄した血管を中から押し広げる「ステント」を挿入し、狭窄の改善や再狭窄の予防を行なう手術です。不安定狭心症以外の狭心症の患者さんは、主に予定入院翌日手術その3日後退院です。急性心筋梗塞に対して類似の手技が行なわれた場合は、別の手術として集計されます。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 82 5.15 8.93 0.00 68.93
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 17 3.47 7.71 0.00 60.76
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 13 7.77 9.46 7.69 69.54
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -
- - - - - - -
「K610-3内シャント又は外シャント設置術」は、慢性腎不全で、人工血液透析に必要な、内シャントまたは外シャント血管を設置する手術です。「K635-3連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術」は慢性腎不全で人工腹膜透析を行なう場合に使用する、連続携行式腹膜灌流用カテーテルを腹腔内に留置する手術です。「K616-4経皮的シャント拡張術・血栓除去術」は、人工血液透析に使っていたシャント血管が、閉塞もしくは狭窄した場合に、外科手術ではなく、血管内カテーテル操作により、その原因を取り除く手術です。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 119 2.29 4.29 0.00 56.91
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 72 4.10 10.49 0.00 67.35
K6335 鼠径ヘルニア手術 70 1.04 2.83 0.00 70.80
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 65 1.57 8.31 0.00 69.63
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 59 1.08 2.20 0.00 60.29
「K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術」は、主として胆石症や胆のう炎に対して行なわれる手術です。「K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術」は、主に結腸がんに対して行なわれる手術です。「K6335鼠径ヘルニア手術」は、小児は小児外科で手術を行ないます。「K655-22腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術)」は、胃がんに対して腹腔鏡下で幽門側胃切除術を行う手術です。本術式を含め同期間に胃がんに対する手術は108例行いました。「K634腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)」は、鼠径部切開ではなく、腹腔鏡下にて両側同時に行う手術です。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 70 1.20 10.33 0.00 68.06
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 54 3.69 4.56 0.00 35.35
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 20 0.85 5.00 0.00 65.60
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) 12 0.83 5.42 0.00 55.33
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) - - - - -
「K514-23胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの」および「K514-21胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)」は共に、主として肺がんに対して行なわれる胸腔鏡下手術です。前者は標準的な手術、後者は切除範囲を縮小した手術です。両者を含め同期間に胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術は94例行いました。「K5131胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))」は気胸に対して行なわれる標準的な手術です。「K5132胸腔鏡下肺切除術(その他)」は、様々な肺の良性疾患に対して、胸腔鏡下で肺切除を行う手術です。「K5143肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)」は主として肺がんに対して行なわれる開胸手術です。この術式を含め同期間に開胸肺悪性腫瘍手術は15例行いました。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 96 0.00 1.00 0.00 65.57
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 64 1.36 6.89 1.56 73.75
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 35 5.83 14.17 5.71 67.69
K5551 弁置換術(1弁) 26 5.27 16.04 3.85 73.35
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 20 1.90 8.85 0.00 78.30
「K617-4下肢静脈瘤血管内焼灼術」は、予定入院当日手術翌日退院です。「K616四肢の血管拡張術・血栓除去術」は、四肢の動脈の動脈硬化による狭窄や血栓による狭窄や閉塞に対して、血管内カテーテル操作により手術を行ないます。「K552-22冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上)」は、心臓に酸素や栄養を供給する冠状動脈の狭窄や閉塞により生じる、狭心症や心筋梗塞に対して行なわれる外科手術です。この術式を含め、冠動脈、大動脈バイパス移植術は同期間に54例行いました。「K5551弁置換術(1弁)」は、心臓の4つある弁のうち1つの弁を人工弁に置換する手術です。この術式を含め、弁置換術は同期間に37例行いました。「K5612ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)」は、腹部~総腸骨動脈瘤に対して、ステントを挿入する手術です。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 26 1.27 4.04 3.85 64.69
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 16 1.38 11.50 0.00 68.69
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 13 1.00 11.62 0.00 59.46
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上) - - - - -
「K4762乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))」「K4763乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない))」「K4765乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)」「K4764乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う))」は、いずれも乳がんに対する手術で、乳房の切除範囲・リンパ節郭清範囲による違いです。多くが予定入院翌日の手術です。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 62 0.00 1.00 0.00 4.00
K6335 鼠径ヘルニア手術 27 0.00 1.00 0.00 3.93
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 13 0.23 2.00 0.00 10.69
K836 停留精巣固定術 - - - - -
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - - - - -
「K634腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)」「K6335鼠径ヘルニア手術」は、予定入院日手術翌日退院です。「K718-21腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)」「K718-22腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)」は、虫垂炎に対して腹腔鏡下で虫垂切除術を行う手技です。両者の違いは炎症の波及している範囲です。「K836停留精巣固定術」は、停留精巣(睾丸)を陰嚢に固定する手術です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 119 2.12 21.39 27.73 73.66
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 103 0.94 13.47 9.71 56.26
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 64 1.25 23.89 3.13 72.11
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 63 5.32 24.30 28.57 78.05
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 57 0.60 2.00 0.00 42.93
「K0461骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿」「K0462骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨」は、いずれも明示された部位の非開放性骨折に対する外科手術です。部位や外傷の程度により在院日数は異なります。「K0821人工関節置換術(肩,股,膝)」は、主に明示された部位の変形性関節症に対して関節置換術を行う手術です。「K0811人工骨頭挿入術(肩,股)」は、主に明示された部位の外傷に対して人工骨頭に置換する手術です。「K0483骨内異物(挿入物を含む)除去術 (前腕、下腿)」は、明示された部位に対して過去施行された骨折観血的手術などの際に埋め込まれた固定するためのプレートなどの人工物を、治癒後の遠隔期に除去する手術です。予定入院当日あるいは翌日の手術です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 52 0.38 12.27 13.46 79.90
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 27 7.33 30.74 14.81 59.07
K1742 水頭症手術(シャント手術) 25 5.16 16.12 8.00 71.52
K1781 脳血管内手術(1箇所) 23 0.74 25.30 13.04 63.83
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 23 1.96 14.35 4.35 71.74
「K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」は、硬膜下血腫で緊急入院した患者さんに対して行なう手術で、入院当日あるいは翌日に手術を行ないます。「K1692頭蓋内腫瘍摘出術(その他)」は、松果体腫瘍を除く脳腫瘍(良性悪性原発性転移性を含む)に対する開頭して行う摘出手術です。「K1742水頭症手術(シャント手術)」は、水頭症に対して脳室と腹腔内をシャントするチューブを皮下に埋め込む手術です。「K1781脳血管内手術(1箇所)」は、主としてくも膜下出血や未破裂脳動脈瘤・脳内出血に対して開頭ではなく血管内カテーテル操作により、出血を予防する手術です。「K609-2経皮的頸動脈ステント留置術」は、脳梗塞の原因となる頚動脈の狭窄病変に対して、血管内カテーテル操作により、ステントを挿入し狭窄部位を拡張する手術です。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 21 1.00 5.29 0.00 1.43
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独) - - - - -
K154-2 顕微鏡使用によるてんかん手術(焦点切除術,側頭葉切除術,脳梁離断術) - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
「K7151腸重積症整復術(非観血的なもの)」は、注腸手技による非侵襲的な手術です。「K5761心室中隔欠損閉鎖術(単独)」は、心室中隔欠損症に対する根治手術です。手術は心臓外科医が行います。「K154-2顕微鏡使用によるてんかん手術(焦点切除術,側頭葉切除術,脳梁離断術)」は、てんかんに対して開頭し顕微鏡下で明示された手術を行う手技です。手術は脳神経外科医が行います。「K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術」は、脳神経外科が手術を行います。「K386気管切開術」は、重症慢性呼吸不全の患者さんに行います。手術は外科系の医師が行います。
新生児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 24 0.04 76.58 4.17 0.00
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 23 0.00 60.09 4.35 0.00
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) - - - - -
K2762 網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき) - - - - -
- - - - - - -
「K9132新生児仮死蘇生術(仮死第2度)」と「K9131新生児仮死蘇生術(仮死第1度 )」は共に、アプガースコア(出生時の状態を評価する指標10点満点)が低い場合に行なわれる処置ですが、手術として扱われます。第2度の方が重症です。「K7161小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術)」は、小児外科医が行います。「K2762網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき)」は、併発した未熟児網膜症に対して、眼科医がレーザー光線を照射します。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 21 0.10 4.10 0.00 78.48
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 16 0.00 1.50 0.00 69.63
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
「K0072皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除」は、皮膚の悪性腫瘍で予定入院する患者さんに、外科切除を行なう診療プロセスです。入院当日に手術を行なうのが原則です。「皮膚、皮下腫瘍摘出術」は皮膚皮下の悪性ではない病変に対する手術で、原則予定入院当日手術です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 153 1.27 4.42 0.00 71.56
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 151 1.16 2.67 1.32 59.37
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 75 1.28 4.55 0.00 71.08
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 50 1.00 5.22 0.00 73.74
K773-3 腹腔鏡下小切開腎(尿管)悪性腫瘍手術 42 1.81 9.26 0.00 69.45
「K8412経尿道的前立腺手術 その他のもの」は、前立腺肥大症に対して経尿道的に鏡視下で切除する手術です。予定入院が多く、この場合入院翌日手術が原則です。「K768体外衝撃波腎・尿管結石破砕術」は腎結石尿管結石に対して行なわれる、外科手術ではなく、体外から衝撃波を体内の結石に当て破砕する手術です。予定入院が多く、この場合入院当日手術翌日退院が原則です。「K8036イ膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの」「K8036ロ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの)」は、比較的早期の膀胱がんに対して経尿道的に鏡視下で切除する手術です。術後抗がん剤の膀胱内注入が行なわれる場合もあります。「K773-3腹腔鏡下小切開腎(尿管)悪性腫瘍手術」は、腎臓・尿管の悪性腫瘍に対して、腹腔鏡下及び小切開創を用いて切除する手術です。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 231 2.88 6.33 0.00 32.29
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 126 5.72 7.10 0.79 32.35
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 72 0.89 6.79 0.00 46.53
K877 子宮全摘術 65 1.02 6.85 0.00 47.98
K867 子宮頸部(腟部)切除術 61 0.00 1.18 0.00 40.80
「K8982帝王切開術 選択帝王切開」と「K8981帝王切開術 緊急帝王切開」の違いは、予定手術か緊急手術の違いだけで、手術及び術後経過は同じです。「K8881子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹)」は、主に卵巣の良性腫瘍に対して、開腹して両側の卵巣を切除する手術です。「K877子宮全摘術」は、子宮筋腫などの良性疾患に対して行なわれる手術です。多くの場合予定入院で、入院翌日の手術となります。「K867子宮頸部(腟部)切除術」は、子宮頚部異形成(前癌状態も含まれます)に対して行われる手術で入院当日手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 132 0.04 1.60 0.00 73.81
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) - - - - -
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
「K2821ロ水晶体再建術(眼内レンズ挿入する場合)(その他のもの)」は白内障の患者さんに対して行なわれる典型的な手術です。片眼手術の場合は手術当日入院翌日退院です。両眼手術の場合は、入院当日と翌々日手術、その翌日退院です。「K224翼状片手術(弁の移植を要する)」
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 66 1.02 7.24 0.00 19.36
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 44 1.14 4.36 0.00 56.95
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 36 1.00 3.94 0.00 50.08
K319 鼓室形成手術 23 1.09 4.74 0.00 49.61
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 22 0.32 5.32 0.00 40.82
「K3772口蓋扁桃手術(摘出)」は予定入院が多く、この場合入院翌日の手術が原則です。「K340-6内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)」「K340-5内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)」は、鼻内視鏡を用いて主に副鼻腔炎に対して行う手術です。1型から4型までありますが、手技や手術範囲の違いです。4型が最も複雑な手術となります。多くは予定入院で翌日手術です。「K319鼓室形成手術」は中耳炎に対して行なわれる手術で、予定入院が多く、この場合入院翌日の手術が原則です。「K368扁桃周囲膿瘍切開術」は緊急入院患者さんに対して行なわれます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 49 0.29
180010 敗血症 同一 59 0.35
異なる 54 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 80 0.48
異なる - -
入院契機「同一」は、その傷病が入院時から存在することを意味します。「異なる」には、入院時から存在した場合と入院後発症した場合が含まれます。「180040手術・処置等の合併症」について説明します。この中には、自院で行なった手術・処置等の合併症と、他医療機関で行なった手術・処置等の合併症の両者が含まれます。
更新履歴
2017/09/22
初版掲載