メニュー

おしらせ information おしらせinfomation

最新型320列ADCTの紹介

最新型320列ADCTの紹介

2010年12月に、”320列ADCT”という最新型の機器を導入致しました。

このCTは、ジョンズ・ホプキンス大学(米国)やフンボルト大学(ドイツ)など、世界有数の研究施設で使用されています。茨城県では当院が初めて導入しました。

この装置の最も優れた特徴は、”高精細の画像”を”超短時間に撮影”できることにあります。

以下のような検査で威力を発揮します!

  • 心臓の冠動脈検査
    冠動脈が細くなっている部分(狭心症や心筋梗塞)をきれいにみることができます。
  • 頭と首の血管検査
    一度に広い範囲を撮影できますので、造影剤の量が少量で済みます。
    頭や首の動脈で、細くなっている部分や石灰化している部分がよくわかります。
  • 小児の頭部検査
    多少動くような幼いお子さまでも、ブレのないきれいな画像が撮れます。
  • 胸からお腹までの検査
    息止めをする時間が短いので、無理なく検査を行えます。
ページトップへ